運動と経営

2024年02月29日 22:16
カテゴリ: 身体の使い方歴史


私は若い頃2つの運動、個人技の武道と団体で戦うバスケットボールに取り組んできました。

その経験から多くのことを学びました。

個人での身体の使い方や、団体でのフォーメーションなどです。特にバスケットボールは、ゴールにボールを入れるためには周囲をよく見て隙のある場所にボールを回すことが重要でした。

どちらの競技においても、勝つことが求められました。それが何よりも大切でした。

現在は年月が経ち、1人でビジネスに取り組んでいます。

自分の人生の軸を考えながら、実践と体験を活かし、時代に合った経営を行うことが必要だと思います。

師匠が初めた整体を守り、2026年で50年になります。私は2代目で、今年の5月で31年になります。これからも頑張っていきます。

昔の白衣は長いロングの白衣でしたが今はユニフォームも変えて親しみやすいカラーで仕事をしています。時代ですね。

記事一覧を見る

powered by crayon(クレヨン)